ご挨拶


八千代市弓道連盟は、昭和62年3月に創立された「八千代弓道会」を前身とし

平成5年3月に現在の「八千代市弓道連盟」と改称しました。今年は創立30周

年の年になります。創立当初の会員数は20名ほどで、一時は70名近い人数と

なりましたが、現在、50名の会員数となり、高校生から80代までの幅広い年代

の会員構成で日々活動しております。心・技・体を一体として鍛え、人格を磨き、

道徳心を高め、礼節を尊重する態度を養うことが武道の根幹であり、その中でも

弓道は精神力の向上と体力維持を両立できると同時に、幅広い年代の交流を可

能にできるすばらしさを持っています。長い年月伝えられてきた「弓道」を、この八

千代の地で次の世代へと正しく伝えていくことも連盟の使命であると考えておりま

す。八千代市弓道連盟は、弓道を通じて心・技・体の修練及び会員相互の親睦を

図ることによって、お互いの人格を高め合い広く社会に貢献することを目指すとと

もに、武道としての正しい弓道の普及と発展を図ることを目的としております。今

後も引き続き多くの活動をしてまいります。

 

        >連盟沿革のページへ